新年のご挨拶

謹 賀 新 年

皆様にはご家族お揃いで輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます

今年は「庚子(かのえ・ね)」の年回りとなりますが、この「庚」は十干の7番目で、植物の生長が止まり新たな形に変化しようとする状態、また「子」は十二支の第1番(新しい運気サイクルの始まり)で、一昨年の「戌年」でたわわに実った果実が、昨年の「亥年」で種子となりエネルギーを蓄えて、いよいよこの「子年」でその種子が膨らみ始める時期という意味だそうで、未来への大いなる可能性が感じられそうです。

昨年の新たなスタートを切る準備の年回り(亥年)に、折りしも「平成」から「令和」の新時代の幕が開け、弊社にとっても、今年はいよいよ創業設立33周年を迎え、この庚子年に肖って、若者後継世代の新しいエネルギーが膨らみ始めて、新しい形(ニューまどか)に変化する確実な兆候が見えてきた・・・、そんな年になって欲しいものです。

今年も皆様方の大きなご支援をいただきながら、社員一丸となって足元をしっかりと見つめ、確実な足跡が残していけるように精進したいと思います。どうぞ倍旧のご指導ご支援をよろしくお願いいたします。

結びに、皆様それぞれにとりまして、最良の幸多き年になりますようお祈り申し上げ、2020年オリンピックYearの新年のご挨拶といたします。 

代表取締役 安達盛二

2020_1

BACK