エコキュート・電気温水器 凍結防止について

記録的な大寒波で、多くのお問い合わせをいただいておりますので、エコキュート、電気温水器の凍結防止策をご案内いたします。

 

 

エコキュートについて (日立エコキュートの取扱説明書を参考に記載)

 

1.ふろ配管の凍結防止(フルオート機種)
お風呂に入った後もお湯を抜かずに、風呂湯はりアダプタよりも5~10cm以上残しておいてください。
給湯器周辺の気温が0度以下になると浴槽のお湯を使って凍結防止運転を行います。

 

2.給水、給湯配管の凍結防止
混合水栓の場合、湯水を混合した状態で【1分間にコップ1杯分】くらい出るように開けておきます。
水や湯の流れがあることで凍結を防止します。
*但し、水道代や電気代は生じますし、開きすぎると湯切れの原因になります。
また、これはガスや灯油の給湯器、電気温水器も同様です。

 

 

電気温水器について

 

1.ふろ配管の凍結防止(フルオート機種)
お風呂に入った後もお湯を抜かずに、風呂湯はりアダプタよりも5~10cm以上残しておいてください。
給湯器周辺の気温が0度以下になると浴槽のお湯を使って凍結防止運転を行います。

 

2.給水、給湯配管の凍結防止
混合水栓の場合、湯水を混合した状態で【1分間にコップ1杯分】くらい出るように開けておきます。
水や湯の流れがあることで凍結を防止します。
*但し、水道代や電気代は生じますし、開きすぎると湯切れの原因になります。
また、これはガスや灯油の給湯器、電気温水器も同様です。

 

 

凍結している配管に熱湯をかける行為は絶対におやめください。
急激な温度で変化で配管が破裂し、大きな事故につながることがあります。

BACK